わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

 メールマガジン購読申し込み  心療歯科のホームページへ 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

メールマガジン「坂本歯科医院」 購読申し込み

メールマガジンの登録

購読は無料です、お気軽にご登録ください。(携帯電話は対応しておりません)坂本歯科医院よりお届け致します。

メールマガジンの解除、E-Mailアドレス変更

配送を解除(中止)したい場合や配送先を変更したい場合はこちらから手続きが行えます。


バックナンバー

過去のメールマガジン(バックナンバー)がご覧頂けます

No.180 以前

No.181-2016/11/15
No.182-2016/12/15
No.183-2017/01/15
No.184-2017/02/15
No.185-2017/03/15
No.186-2017/04/15
No.187-2017/05/15
No.188-2017/06/15

No.183-2017/01/15

╂─╂───────────────────────────
┃★┃
┃坂┃ □■ メールマガジン「坂本歯科医院」 ■□
┃本┃ ■□ Sakamoto Dental Clinic Mail Magazine □■
┃歯┃
┃科┃このメールマガジンは購読無料です。歯科医療の事、歯につ
┃医┃いてのおもしろい話、障害歯科、その他、ちょっと歯科から
┃院┃脱線するような話など、お役立ち情報を月1回(月中頃)お
┃★┃届け致します。
╂─╂───────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 No.183 (2017年01月15日発行)
 
 こんにちは、医療法人社団 坂本歯科医院の院長の坂本貴史です。
皆様方に、益々、健康で快適に日常生活ができることを主眼に月に
一回、お口の中の健康に関連した記事をメールマガジンとして発行
致します。どうぞ健康増進にこのメールマガジンをお役立て下さい。

┌ 目次 ──────────────────────────
│ ● 歯科に関連するミニ知識 ●
│ ■ 医療に関するトピックス ■
│ ★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
│ ◎ お知らせ ◎
│ * 編集後記 院長より *
└──────────────────────── INDEX ─
  
>>坂本歯科医院よりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html

>>まぐまぐよりメールマガジンの登録、解除、変更はこちら
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/magazine/magazine.html#まぐまぐ
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 歯科に関連するミニ知識 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇フッ素はどうやって使うの?

フッ素を使って虫歯の予防を行うのには、経口的にフッ素を摂取す
る全身的応用と、歯に直接フッ素を作用させる局所的応用がありま
す。全身的な応用の代表的なものは、水道水のフッ素濃度の適正化
です。

世界60カ国で行われており、3億6千万人もの人々がフッ素濃度を適
正化した水道水を利用しています。日本でも水道水のフッ素量適正
化は幾つかの自治体で準備に入っており、2002年度中には実施され
るかもしれません。

その他の全身的応用法としては、30カ国で行われている食塩へのフ
ッ素添加やフッ素錠の服用などがありますが、残念ながらどちらも
日本では入手できません。

局所的な応用法としては、まずフッ素洗口があげられます。この方
法は簡単で安価であり、低濃度フッ素を使用するという特徴があり
ます。具体的には5~10ccのフッ素液を口に含んで、30秒または1分
間飲み込まずにブクブクうがいをして吐きだします。

したがって、上手にうがいができる年令以上の人が対象になります。
保育園や学校という集団の場で行う場合、少ない経費で一度にたく
さんの子どもたちに応用できますので、非常に経済的な方法です。
毎日1回ずつ洗口する方法と、1週間のうち1日だけ実施する方法が
あります。

また、集団での洗口が利用できない個人のために、家庭で実施する
という方法もあります。ただし、外国のようにスーパーなどでフッ
素液を手に入れることはできませんので、かかりつけの歯科医院や
薬局に相談して下さい。

その他の局所的応用法として、フッ素塗布と歯みがき剤へのフッ素
添加があります。フッ素塗布は比較高濃度のフッ素の液やゲルを歯
に塗布する方法です。専門的に実施されるものですから、家庭など
で自分で塗布するというわけにはいきません。

したがって、1回に2000~3000円程度の費用がかかると思います。
通常では1年に2回~4回、むし歯になりやすい子どもさんは、2ヶ月
に1回ずつというように回数を増やします。また、歯が次々と生え
かわる時期には、定期的に実施しないと効果も半減しますので、ぜ
ひ継続塗布して下さい。

歯みがき剤へのフッ素添加は日本でも広く行われています。フッ素
入りだからといって歯磨剤の値段が高くなることはありませんので、
金銭的な負担もあまりありません。子どもさんからお年寄りの人を
含めて自分の歯の残っている人すべてに対してフッ素入り歯磨剤の
利用が推奨されます。

ただし、歯磨剤を毛先にほんの少ししかつけなかったり、歯みがき
が終わった後のうがいをしすぎたのでは、せっかく口の中に供給さ
れたフッ素が口の外に出てしまいます。

少なくても歯ブラシ毛の部分の半部量をとり、うがいも2~3回程度
にとどめたいものです。ただし、予防効果がある順番では水道水の
フッ素量適正化>フッ素洗口>フッ素塗布>歯みがき剤へのフッ素
添加ですので、他の方法と併用する事が必要な場合があります。

◇事故で歯が抜けた(ぐらぐらする)んですけど。

歯全体が抜け落ちた場合、一刻も早く抜けた歯を持って歯科医院に
行かれて下さい。再植という方法でもう一度生かせるチャンスがあ
るからです。

その際の注意事項を下記に列挙いたします。

(1)抜けてから骨に戻すまでの時間が、30分以内であれば、再植
の成功率がかなり高いものとなります。

一刻も早く歯科医院へかけ込んで下さい。

(2)抜けた歯は、冷蔵庫で冷やした位の温度の牛乳にひたし乾燥
を防いで下さい。(ない場合は水でもOK!)

(3)歯の根の部分に、血液と一緒に赤い組織が付いている場合が
あります。
これは歯根膜といい、再植の成功において重要な役割を果たします。
だからその部分を洗いながしたりせず、口の中にでている部分を
もって、決して歯の根の部分を触らないようにして下さい。

歯がぐらぐら動く様な状態は不完全脱臼とよばれます。これも、歯
が抜け落ちた場合と同じくできるだけ早く、元の位置に歯を戻し、
固定を行い、歯を安静に保つことで元の状態に回復させることがで
きます。

一般には3週~6週程固定を行い経過を観察します。ただし、時間
が長く経過した場合や、根や歯根膜にダメージが大きいと、神経が
死んでしまいますので、その際には神経の治療が必要となります。

社団法人 熊本県歯科医師会



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 医療に関するトピックス ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

治療状況が見えるメガネ

患者さんが歯の治療状況を同時に見ることのできる装置
(ゴーグル=眼鏡)を導入しました。

いままでは、患者さんは自分のムシ歯の穴やその中が医師によって
どのように治療されているか、見ることができませんでした。しか
しこの装置で、自分のムシ歯の状態や、医師が手術用の顕微鏡で拡
大して治療している状態を同時に見ることができます。これを体験
された患者さんからは「受けている治療がよくわかり、納得できる」
といわれています。


患者さんの治療に対するご理解を深めていただくために導入したモ
ニター装置。

詰め物を入れた歯が、痛まなくても、その下で恐ろしいムシ歯が進
行していることがあります。患者さんは、まだ痛くないので気にも
かけていません。しかしレントゲン写真でチェックしますと、大き
なムシ歯が発見されることがあります。

そして詰め物を取り外すと大きなムシ歯になった象牙質が現れます。
これを手術用の顕微鏡で5倍以上に拡大しますので、的確に治療が
できます。 この顕微鏡の映像を患者さんもゴーグルで見ることが
できるのです。この装置で、治療に対し、より深くご理解いただけ
るようになりました。

ムシ歯診断器

レーザーによるムシ歯の早期発見

当院では、ムシ歯診断器「ダイアグノデントペン」を使い、必要以
上に歯を削らない予防的な治療を行っています。

歯の削りすぎは、歯を生涯、健康に保つためには良くありません。
アメリカでは、10年以上も前から歯の表面を覆っているエナメル質
を削り過ぎから守ろうという運動を、歯科医師が提案しました。歯
の削り過ぎ防止運動です。以前からムシ歯の予防を重視している当
院もダイアグノデントペンを使用し、可能な限り歯を削らない治療
を行っています。

ダイアグノデントペンを使って診断を行います。安全なレーザー光
をしずく状の穴の中に照射し、その反射光を読みとることで内部の
状況を把握します。

いままでの先のとがった針状の器具での診査ではしずく状の穴の中
の診断はできません。

当院では歯の表面にできた小さな穴が ムシ歯かどうか正しく診断
できる ダイアグノデントペンを使用しています。 歯にできた穴が、
削る必要のあるムシ歯なのか、あるいは穴の下が大きくえぐられた
ムシ歯なのかは、いままでは歯を削らないとよくわかりませんでし
た。でもムシ歯診断器「ダイアグノデントペン」で削らず診断でき
るようになりました。

さいたま顕微鏡歯科室 西村歯科クリニック



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 歯にまつわる、おもしろ話 ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界一幸せな国の立役者 **ダジョー西岡氏の活

ブータン王国と言えば,ヒマラヤ山脈の麓にあり面積は九州とほぼ
同じで,人口は70万弱の小さな国である。この国は,国民総幸福量
(GHN)の高い「世界一幸せな国」として脚光をあびている。2005年
のブータンの国勢調査では,「あなたは幸せですか?」の問いに対
し,実に国民の96.7%が幸せと感じている。ちなみに,わが国で同様
の質問をしたところ8~15歳で13%,16~34歳ではたった8%に過ぎ
ない。

さて,ブータンは大の親日国としても有名である。東日本大震災の
翌日には国王主催の「供養祭」が行われ,続けて3月18日には100万
ドルの義捐金が贈られてきた。また昨年秋にジグミ・ケサル国王は,
新婚のペマ王妃とともに来日し国会で演説した後,東北の被災地を
訪れたことも記憶に新しい。

ところで親日国と言われる国には,それなりの歴史が隠されており,
その多くは先人達の活躍の賜物である。ブータンにも,親日国とな
ったきっかけになった人物がいた。その名は,西岡京治(けいじ)氏。

日本で名前を知る者は少ないが,ブータンではもっとも有名な日本
人であり,前国王から「ダジョー」という最も名誉ある称号を贈ら
れている。ここでダジョー西岡氏の活躍について紹介する。

氏は,1964年に海外技術協力事業団の専門員として農業指導のため
に現地に赴いた。当時のブータンは,農業国であるにも関わらず食
料自給率が60%と低い状態であった。氏の粘り強い取り組みは,わず
か200平方メートルの試験農場から始まった。まず日本から持ち込ん
だ種をまき,実習生に農業の楽しさと野菜の育て方を教えた。そこ
で育った大根は,ブータンの人々が見たこともないほど大きく立派
なものであった。

この噂が次第に広がり,知事や議員が農場に訪れるようになった。
さらには国王から,農業試験場を探し運営を任せるように言われた。
そこで氏は,あらゆる農作物の栽培指導を行い,ブータンにおける
農業の指導者を養成した。また当時,ブータンでは稲の苗をバラバ
ラに植えていた。これでは米作りの効率が非常に悪い。そこで日本
のように,一定の間隔で植える「並木植え」を行った。こうすると,
風通しが良くなるばかりでなく,手押しの除草機が入りやすくなる。
並木植えを実践したところ,実に収穫が40%も増加した。このよう
な氏の取り組みによって,ブータンの農業は飛躍的に生産性を上げた。
そして,この国にとっては,なくてはならない人物となったのである。

しかし残念なことに,氏は59歳でこの世を去った。ブータンへ来て
29年目のことである。葬儀は,国葬として行われ弔問者の数は5000名,
12時間にも及ぶ盛大なものであったという。 さて,氏が若くして
亡くなった理由。

氏は1991年,1か月の休暇を取って帰国した。この機会に,以前か
ら悩まされていた歯の治療のため歯科医院に通院した。ブータンで
は十分な治療を受けることができなかったのだ。しかし,休暇が終
わり完治しないままブータンに戻った。

そして1992年3月20日,急にひどくなった痛みのためにブータンの
病院に入院し,翌日敗血症が原因で帰らぬ人となった。歯科医師と
して歯が原因で惜しい人を失ったことは残念でならない。ブータン
が世界一幸せな国となった理由の一つには,ブータン農家の自立を
目指したダジョー西岡の尽力があげられよう。現在,多くの歯科関
係者が,医療支援のため開発途上国を訪れている。このような歯科
界の活動からも,多くの親日者を作りたいものだ。

参考:ブータン神秘の王国  西岡京治・里子  NTT出版 1998
ブータンの朝日に夢をのせて  木暮正夫  くもんのノンフィク
ション 1996

おもしろ歯学
http://okazaki8020.sakura.ne.jp/omosiro/nishioka/nishioka.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ お知らせ ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯科衛生士・女性スタッフのつぶやき
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi

----------------------------------------------------------

歯科衛生士・受付 募集 詳しくは↓
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message002.htm

----------------------------------------------------------

嘔吐反射外来のご案内
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/puker.htm

----------------------------------------------------------

院長、本を出版!本の題名は「歯と口の悩みを解決する本」(株式
会社法研より)詳しくは
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/message001.htm

----------------------------------------------------------

暗い世相や不景気を俳句、川柳で吹っ飛ばそう!!
皆様の俳句、川柳をお待ちしております。
▼こちらから
http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary008.htm

----------------------------------------------------------

* 編集後記 院長より *******************

読者の皆さま、あけましておめでとうございます。とは言っても、
もう1月中旬、成人式の日が変わってしまって、私は変な気がしま
す。従来、成人式は1月15日に固定されていましたが、いつの間
にかハッピーマンディーの仲間入りをしていました。

1月8日や9日に成人式を迎えた若者たちを街で見ると変な気持が
します。やはり成人式は1月15日が良いですね。しっかりとした
意味のある日なのですから。

さて、日本の年始は穏やかな気候に恵まれ、三が日はとても気持ち
の良い天気でしたが、やはり中旬となるとだいぶ寒さが厳しくなっ
てきました。温暖化がひどくなっても、やはりこの頃だけは寒いで
すね。

さて、世界に目を向けると元旦からトルコ最大の都市イスタンブー
ルのナイトクラブでテロ事件が発生し、多くの死傷者が出ました。
とにかく世界中でおきるテロが止まりません。イスラム過激集団
(イスラミックステイト)が世界中でテロを起こしています。

テロの拡大は中東に限らず、アメーバー的に世界に拡散してきてい
ます。今はヨーロッパがねらいうちされています。しかし、中東問
題の発端はアメリカやヨーロッパの大国が原油獲得の野心を持ち、
領土の植民地化を図ったことが原因です。

その結果、富が集中して一部の富める人々と、貧困にあえぐ多くの
庶民をつくってしまったわけです。その後始末に大国はことごとく
武力を使用しました。これがそもそもの間違いで貧困を少しでもな
くす努力をおこたってきたのが原因です。

いつまでたっても歴史はくりかえし、人間達のエゴがとまりません。
自分達だけが幸せなら他人はどうでもいいと言う排他的な思想が、
人間社会に完全に定着してしまいました。何たることでしょうか!!

世界の人間、とりわけ日本人も排他主義ポピュリズムや人権差別、
社会的弱者の切り捨てを止めなければ、国自体が持たなくなってき
ます。その結果、戦争となることは、いやという程知っているにも
かかわらず、それをしてしまいます。

この平成29年という年は世界中が変化する混沌とした年となるこ
とが考えられます。どうか我々もしっかり世界中、そしてわが日本
の問題点を考える一年としたいものです。平成は30年で終わり
2019年から新しい年号が始まります。これを年頭のメルマガの
編集後記と致します。皆様にとって幸多く年でありますようにお祈
りしております。

平成29年1月15日 編集長 坂本貴史



****************** Message of Director *

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  〒254-0043 平塚市紅谷町17-25 メディカルポート1F
  電話 (0463)-21-0792 FAX (0463)-23-7300
  http://www.sakamoto.or.jp/  doctor@sakamoto.or.jp

  医療法人社団 坂本歯科医院  院長: 坂本 貴史
  Sakamoto Dental Clinic Director: Takafumi Sakamoto

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールマガジンへのご意見等は下記のフォームメール又はE-Mailで!

戻ります


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE-Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 
掲示板 特集