わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内

診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科
      Dental Office

心療歯科のホームページへ メールマガジン購読申し込み 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

成長期の矯正治療



どうゆう
お子さんに矯正治療が必要か?

顎の発育に問題がある症例
7歳の男児。下のアゴが大きすぎることにより前歯の噛み合わせが受け口となっている。

あごの発育に問題がある場合
幼児あるいは小学校のお子さんで
,上の前歯が出ているいわゆる“出っ歯が見られる場合,その原因の多くは下あごの大きさが小さいことにあります。いっぽう、下の前歯が上の前歯を被い隠しているいわゆる”受け口“のお子さんでは、やはり上あごの発育不足や下あごが大きすぎるといったあごの発育に問題があることが少なくありません。

あごの不正の改善は小さいお子さんほど可能性が高い為,将来の不正の悪化を防ぐ為には、矯正専門医への早めのご相談をお薦めします。

(写真をクリックすると大きく見れます)

顎の発育に問題がある症例

矯正歯科のトップに戻ります


矯正治療
はいつ始めたらよいのか?

乳歯が早期に脱落した時
乳歯の奥歯が虫歯にかかり本来よりも早く喪失すると、6歳臼歯が前方へと移動します。このことにより、噛み合わせが大きく乱れるとともに、6歳臼歯より前方の永久歯(正常では10〜11歳で萌出)の萌出する隙間が減少し、萌出障害が起こります。

歯のはえかわりに問題がある時
矯正治療の最終目標は大人になった時の永久歯の噛み合わせを正しく作り上げることです。それでは乳歯はどうでも良いかというと
,そうではありません。幼児期から学童期にかけ口腔機能を担ってきた乳歯が適切な時期に抜け落ちることにより、永久歯がはえるのを正しい位置へと誘導します。乳歯の虫歯が進行すると本来より早く抜け落ちてしまいます。その状態を放置すると、抜けた場所に隣の歯が寄ってきたり、かみ合っていた相手の歯が伸びだしてきたりして,将来の永久歯の歯並びに大きく影響します。

乳歯でも特に奥歯が早期に失われているお子さんは、矯正専門医への早めのご相談をお薦めします。

(写真をクリックすると大きく見れます)

乳歯が早期に脱落した時

矯正歯科のトップに戻ります

 

ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

医院の入り口にあるロゴです!

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 掲示板 特集