わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内 スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

心療歯科のホームページへ メールマガジン購読申し込み 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

特集コーナー

医療に関するミニ知識 NO-5 NO-4 NO-3 NO-2 NO-1
全身の病気とお口の中の病気の深いかかわり




GSE

GSEとは、グレープフルーツシードエキス(Grapefruit Seed Extract)の略で、その名の通り、「グレープフルーツの種のエキス」のこと。

GSEは、約30年前に発見され、それ以後、非常に強力で幅広い用途で数多くのバクテリア、ウイルス、カビ、その他の微生物と戦うために使われてきたサプリメントです。

◆病院で使用されるほどの本格的な抗菌作用

「GSE」は、特に、抗菌作用においては、アメリカ合衆国の多くの都市の医師や海外でも支持されています。

アメリカにおける科学的研究所や大学は70年代からグレープフルーツシードの性質を明らかにしつつあり、GSEは徐々にアメリカ中の病院や家庭にまで浸透しています。

近い将来、現在使われている抗生物質や有毒物質除去剤の代わりとなるともともいわれている非常に有望なサプリメントなのです。

いまや多くの健康専門家により支持を受け処方されており、病院でも使われています。多くの病院が洗濯室や病室をGSEを含む洗浄剤で殺菌しているばかりでなく、カリフォルニアの一つの病院は気管感染用の呼吸器にGSEを使い始めています。

25年も前からGSEは様々な用途に使用できる安全な多目的合成物になると確信を持たれていました。そして現在、GSEは多くの医者やクリニック、獣医、それから一般家庭においても世界中で問題なく使われているのです。

◆GSEの特徴

●サプリメントの分類される
●幅広いタイプのバクテリア、ウイルス、カビなどの細菌に対して有効
●効力が非常に強い。(薄くうすめられても大変強力で有効)
●動物や人間はもちろん、妊娠中の女性や子供にも無害
●腸や尿道などにいる善玉菌は殺さない。悪い菌だけ殺す。
●有毒性や性質について何百という研究がされているので安心。
●全て天然の植物から取れる。
●GSEは過敏症的なアレルギー反応等は殆ど報告されていない。

◆具体的にどんな症状にいいの?

*歯肉炎、皮膚病、副鼻腔炎、耳痛など
*予防として、関節炎、心臓発作、腎臓結石、潰瘍など、
*カンジタ、タムシ、水虫、フケ、インキンタムシ、オムツかぶれ、爪のカビなどに
*胃腸(ピロリ菌、吐き気、膨満感、お腹風邪)
*風邪・インフルエンザの撃退
*ヘルペス、イボ、はしか
*動物ウィルス(コレラ、鳥インフルエンザなど)
*ガン
*食中毒、下痢
*抗酸化作用(老化防止)
*コレステロールを下げる

◆使用方法(歯周病予防に)

コップのお水に5,6滴でうすめてうがいをして下さい。口の中のより強力な抗菌作用が期待できます。

神奈川歯科大学 口腔細菌学教授 浜田信成先生 推薦

特集へ戻ります

 




ニュージーランドの歯科事情

歯科治療といえば、私も最近よくお世話になっています…日本の歯科治療は高額だとよく聞きますが、実はニュージーランドはそれを上回る高額さ。

日本では一定の治療に対し3割のみの負担になりますが、ニュージーランドでは100%自腹です。チェックアップ、ただ検査するだけで80ドルは普通。

更に歯科によって大きく値段は変わり、治療中映画をオンデマンドで見られる歯科もありますが、勿論そんな所はほとんどボったくりの様な値段に…!(治療中は映画に集中出来ない気もします…)

これはニュージーランドでも結構問題になっていて、18歳までは歯の治療は無料、矯正も2000ドル〜3000ドルと日本よりか安めにできますが、大人(18歳以上)は全てが自費。

その為に、安い歯科を探して市内から3〜4時間車で行った所にわざわざ治療をしにいったりします。

都市は大体治療費が高く、郊外の歯科の方が安いといわれています。更に治療費が賄えないが為に、まだ使える歯であるのに抜歯という選択をとる人も。

私の歯科医はインド人の方なのですが、多くのキウイが歯の治療をしにインドへ行くそうです。インドへの往復チケット+治療より高いニュージーの歯科治療…恐ろしいですね。

ワーキングホリデー、長期滞在を考えていらっしゃる方はまず日本で歯の治療をしてくる事をオススメします。

しかし歯の痛みというのは我慢出来ないもの。こちらでは土日は大概休みで、(そして開いている所は大概高い…)しかも歯が痛んだからといってすぐに予約はとれず、まず患者登録をしなければなりません。

その患者登録ですら「今は新規は受け付けてません」なんてさらりと言われてしまうので、歯が痛む前に近くの歯医者さんで登録を一応しておいてもいいかもしれません。

そして、土日に歯が痛む場合…少しの痛みならPanadolという痛み止めを服用します。

夜も眠れないようなら、パスポートを持参して(保険に入っているのならその記録も)緊急病棟へかかります。

特に歯に対して何かをしてくれるわけではありませんが、強い痛み止めを出してくれますので、それで月曜までなんとかつなぎとめられます。

ちなみに緊急病棟では1回の診察につき、200ドルかかります。

Ellie@NZ

参照:ワーホリニュース
http://workingholidaynews.com/

特集へ戻ります

 




国立がん研究センターとの連携事業開始

がん患者治療前に口腔ケア

日歯と独立行政法人国立がん研究センターは1月31日(月)、連携事業を開始した。講習会を受講した863の連携歯科医師・歯科医療機関(1月31日現在)に、同センターががん患者の治療前の口腔ケアなどを依頼していく。

連携歯科医師・歯科医療機関には連携マニュアルが配布される。

日歯と国立がん研究センターは昨年8月31日(火)、がん患者の口腔内の衛生不良によるがん治療に伴う口腔合併症等の予防と軽減、全てのがん患者が安心して歯科治療や口腔ケアを継続的に受けることができる体制の整備及び地域医療連携ネットワークの構築を目的に、連携体制を築き上けることについて合意。

同センターの患者の9割強が関東圈(千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県)であることから、モデルケースとして関東圈の地域歯科医療機関と連携して、関東圈の歯科医師等を対象に講習会を開催していた。

初年度としては、手術予定患者4千人強が対象になる。今後は、関東圈の医療連携の事業成果を評価・確認するとともに、全国における同様の連携事業(講習内容・連携スキームなど)との整合性を保ちつつ、がん診療連携拠点病院375施設と都道府県歯との連携に拡充させ、全国のがん治療患者のQOLの向上を図る。

連携スキームとしては、同センターで手術を受ける予定の患者に、事前にかかりつけの歯科医院を受診することで、口腔内の衛生状態を改善してから手術に臨むことを強く推薦する。

入院窓口に専任の歯科衛生士を配置し、がん治療における口腔ケアの意義や重要性を説明する他、歯科受診を勧める文書や紹介状を患者に渡すとともに、受診可能な地域の連携歯科医師・歯科医療機関を紹介する。

紹介を受けた後は、必要な口腔ケアや歯科処置を行うとともに、患者の口腔内の情報や処置の内容、患者の口腔内の状態に応じたアドバイス等を同センターに報告する。

また、退院後は、がん難民患者の要因の一つであるがん治療後の「歯科治療難民」根絶に向けて、継続して口腔ケアや歯科治療を行う必要がある場合は、同センターから連携歯科医師・歯科医療機関への連絡票を患者に渡す。

その後、患者が地域でも継続的に口腔ケアや歯科治療を安全に受けることができるよう、必要に心して同センターと密接に連絡をとるよう努める。

連携歯科医師・歯科医療機関の前提条件となる講習会として、本年度は「手術前患者を対象とした口腔ケア」を実施。

来年度以降は、講習2「がん化学療法治療前、頭顎部放射線患者の治療前、治療後の口腔ケア」、講習3「がん終末期患者(在宅ホスピス患者)の歯科治療・口腔ケア」を計画している。

特集へ戻ります

 




X線の被曝量の実際

3月11日の東日本大震災と大津波によって引き起こされた、福島第一原発事故によって、放射線被曝に対する不安が高まり、先生方も家族の皆様のことを心配されていることと思います。

その一方、患者さんの放射縁被曝に対する意識が高くなったために、先生方はX線検査に責任を特つ歯科医師として、患者さんに「ニのX縁検査の被曝線量はどのくらいですか。」と聞かれる機会が増えているとお聞きしています。

この2つの主題、1)放射線被曝の考え方と安全性、2)歯科X縁検査の被曝線量についてお話させていただきます。

Sv(シーベルト)という単位が、これほど日本中の人々に認知されるとは思っていませんでした。 Sv(シーベルト)には、2つの意味があります。

一つはは実効線量と言い、これが通常の被曝線量に使われている、全身の被曝線量の単位です。もう一つは、等価線量と言い、組織・臓器の被曝線量の単位です。

放射線は種類によってヒトに対する影響の度合いが違い、X縁と中性子線では、X線を1とすると、中性子線は同じ吸収線量で、5〜20倍の影響かあります。

これを放射線加重係数といい、吸収線量×放射線加重係数=等価線量で、各組織・臓器に対する被曝線量を等価線量として表します。

例えば、女性に不妊が発生する“しきい値”は、等価線量が急性被曝で2.5〜6.0Sv、慢性被曝で0.2/年以上です。

“しきい値”とは、この値を超えなければ、その障害が生じる確率はO%です。慢性被曝で0.2/年以上を超えなければ、放射縁被曝によって不妊は生じません。

等価線量に比べて、実効線量は少し複雑です。各組織・臓器の等価線量×各組織・臓器の組織加重係数=実効線量となります。全身の被曝を表しています。

この実効線量1Svを100人が被曝すると生涯で5人に悪性腫瘍が発生するとされています。これを、5×10マイナス2乗のリスクと表現されています。

1Svは1000mSvですので、1mSvの被曝なら、さらに1/1000になって5×10マイナス5乗のリスク(1/2万)です。1ミューSvなら1/2000万です。これを基に、現在の放射線被曝のレベルを考えてみましょう。

さて、歯科のX縁被曝のレベルですが、口内法X線撮影では、2ミューSv〜20ミューSv程度、パノラマX線撮影では、1O〜30ミューSv程度です。

ただし、口内法では、フィルム感度、アナログとデジタルによって大きく異なります。パノラマ撮影では、増感紙/フィルムの組み合わせの感度によって大きく異なります。

New Life Seminar 日歯生涯研修

特集へ戻ります

 




「生涯医療費」は歯の健康がカギ。

定期ケアをする人ほど低い傾向に。

歯の定期検診を受け、きちんとケアをすると、年間の総医療費が低くなる傾向にあることが、トヨタ関連部品健康保険組合(豊田市)と豊田加茂歯科医師会の共同調査で分かった。

両団体では歯の定期ケアをする人を増やし、医療費削減に役立ててほしいと呼び掛けている。

検証によれば、歯科の定期検診を受けている人は、48歳までは総医療費が定期検診費用で年2万ほどプラスされて平均より高いが、49歳を過ぎると平均を下回る結果に。

歯の健康と密接な関係がある生活習慣病などのリスクが下がることも要因の1つと考えられる。さらに65歳を過ぎると総医療費平均が35万円に対し、定期受診の人は20万円以下とその差がだんだん広がっていく。

組合は「歯が悪いと食事が偏ったり、歯並びが悪くなったりする。それが糖尿病や肩凝り、骨粗しょう症などを招き、体全体の健康に影響を与える」と分析。

歯が健康であれば医療費も下がり、歯科の費用を含めても「生涯医療費」が低くなると結論づけた。歯の寿命をのばすことは、健康で明るく元気に過ごせる健康寿命をのばすことにつながる。

平均寿命が延びる日本においては、歯と全身の健康のこの深い関わりに、もっと関心を高めていきたいところだ。歯は健康の窓口であることを意識し、より効果的な定期ケアを実践していきたい。

◆永久歯の生えない子ども10人に1人。
虫歯や歯周病などの原因にも。

日本小児歯科学会が「永久歯のない子ども」を調査したところ、7歳以上の子ども15544人のうち、1割以上の1568人に永久歯の先天欠如があることが分かった。

永久歯の先天欠如は、1、2本の場合が多い。歯が生えないということは歯の芽である「歯胚」がないということ。

乳歯から永久歯に生え代わる頃、歯胚の発育段階の開始期から増殖期に何らかの異常があると歯が形成されなくなると言われている。

しかし明確な原因が分からないため、予防できないのが現状だ。永久歯が全部生えそろわないと、かみ合わせの異常など、さまざまな悪影響が生じる可能性が高い。

かみ合わせを正常にするのに、子どものうちに歯並びを整えたり、大人になってインプラント治療をしたりするなど、専門治療が必要になる。

担当した鹿児島大学の山崎要一教授は「治療の多くは自費診療が必要なうえ、治療ができる専門知識をもった歯科医師も少ない」と話す。

現代人の健康を守るためにも、乳幼児期からの歯と口の健康ヘの意識が不可欠だと言えよう。歯が欠如しているとかみ合わせが悪くなり、虫歯や歯周病などの原因となり易いことを警鐘していきたい。

デンタリズム SUMMER 2011 No.9

特集へ戻ります

 




義歯のメンテナンス ホームケアが大切

本多 由武

最近の義歯に関する新素材や技術の進歩は目覚ましく、金属製クラスプを使わない弾性に富んだ 熱可塑性樹脂を素材としたソフトデンチャー(ノンクラスプデンチャー)も、その審美性や装着感から普及してきている。

義歯作成や新素材に関しては多くの報告があるが、意外にも義歯作成後のメインテンスやケアの方法については、これまであまり語られる機会が少なかった。

その実情として義歯の洗浄方法をみても、医院によって異なる洗浄方法が指導されていたりする。

これは眼科領域のコンタクトレンズ洗浄方法が統一で指導されているのと比べても大きな連いである。最近、口腔の衛生状態と全身の健康との関連について、多くのエビデンスが報告されている。

これまで口腔の衛生、口腔ケアといった場合、歯磨きに限定される事が多く人工物の義歯ケアはあまり注目されることが少なかった。そのせいか義歯ケアに関するエビデンスが少ないのも事実である。

今後、高齢者の残存歯数は増加しても依然として多くの方が義歯を必要とすることは明白な事実である。残存歯だけでなく義歯に対しても適切なメインテンスをして、義歯補綴治療の効果を出来る限り存続することが重要となるであろう。

そこで本稿では、特にホームケアの現場で汎用されているにもかかわらず、情報が不足している義歯洗浄剤、義歯安定剤について最近の知見を中心に情報をまとめてみた。

義歯の清掃法

義歯床下粘膜面は唾液による自浄作用が行き届きにくいことなどで、デンチャープラークが付着しやすい。デンチャープラークは口臭や義歯性口内炎の原因になるだけでなく、デンチャープラークの誤嚥による誤嚥性肺炎などのリスクも高くなる。

一般に義歯の清掃法は、義歯用ブラシや超音波洗浄器を使用する機械的清掃法と、義歯洗浄剤を使用して微生物の除歯効果を期待する化学的清掃法の2つに別けられる。

機械的清掃はプラークコントロールの基本であり、義歯用ブラシで目に見える汚れを流水で落とし、更にはクラスプ内側やアタッチメント等の細かい部位の清掃には歯間ブラシの併用も効果的である。

しかし、ブラシ類だけの機械的清掃法ではデンチャープラークの完全な除去は難しいため、義歯洗浄剤の化学的清掃法の併用が推奨されている。

また最近では、カンジダバイオフィルムの除去には、洗浄剤と超音波清浄器が非常に有効であるという報告もされている。

義歯洗浄剤の種類

現在市販されている義歯洗浄剤には、1)過酸化 物系、2)酵素系、3)生薬系、4)酸系、5)次亜塩素系、6)銀系無機抗菌剤などの種類に分類され、それぞれの特徴に応じた使い分けが必要となる。

また最近では、義歯を傷付けないために研磨剤無配合の泡タイプの洗浄剤も発売されている。泡は義歯材料に対するダメージが少ない上に、泡が義歯床の隅々まで入り込み確実な洗浄力が得られる。

参考:神歯 歯界季報告 2011 Vol.21

特集へ戻ります

 




顎関節症の治療

1)まず、問診をします。
2)レントゲン写真を撮り、関節の動きや形の正常・異常の診断をします。
3)あごの触診をして開口測定を行い、治療計画を立てます。
4)かみ合わせの型を取ります。
5)スプリント(マウスピース)をつくります。スプリントを使うことによって筋肉の疲労を取り除き、あごの関節への負担を軽くします。スプリントは筋肉の硬直やかみ癖を治すだけでなく、かみ合わせを正しい位置に誘導します。
6)スプリントの調整をします。
7)かみ合わせを再調整します。
8)仮歯や仮義歯を入れてかみ合わせを確保します。
9)薬により、痛みを緩和したり、筋肉の硬直を取り除きます。
10)歯のかぶせ直しや継ぎ足しをして、かみ合わせを修正します。
11)カウンセリング、マッサージ、運動療法の指導を行います。
12)必要に応じて、歯の移動、親知らずの抜歯、インプラント治療、他科の紹介(専門的な治療が必要な場合は他の大学病院や内科、診療内科)をします。

治療の順序は医院の方針や設備によって異なりますが、顎関節症の治療は、次の三つのポイントが基本となっているのはどの病院でも共通しています。

1)全身のリラクゼーション → 筋肉的緊張の緩和
2)かみ合わせの治療
3)メンタルコンディショニングー → 精神的緊張の緩和

顎関節症を予防する日常生活の注意点

前述した三つの治療原則を、普段の生活のなかでできるだけ行うことが秘訣です。

●泳いだり、歩いたりして全身を鍛え、免疫力を 高める。
●歌を唄う、リラツクスをする。
●歯をかみしめない。かみしめる癖のある人は、ときどき、腹式呼吸の要領で息を長く吐きながら軽く上下の唇を触れ合わせる。そのときは、歯は合わせないようにする。
●十分な睡眠を取るようにする。
●うつ伏せ寝、横寝、あごを枕に押しつけて寝ないようにする。
●ほおづえをつかない。あごだけ前にだしたような姿勢はとらない。猫背にならない。
●バランスのとれた食事を規則的に摂る。
●ひどく硬い食べものの摂取はひかえる。
●口を大きくあけない。大きいものを食べない。

歯ぎしり、かみしめを防ぐ法

顎関節症のいちばん手っ取り早い治療方法は、かみしめをやめることです。無意識にしても意識的にしても、現代人はかみしめが多くなっているといわれています。

ストレスに順応するためにかみしめを行い、また、ストレスを発散させるためにかみしめを行っているのです。かみしめは、ギューッとかんでいる場合をクレンチング、カチカチと連続的にかんでいる場合をタッピングと言いますが、次のような悪影響があります。

1)差し歯がとれやすい。
2)歯がグラグラ動いて痛くなる。
3)歯が折れてしまう。
4)あごやあごの周囲が痛くなる。
5)顎関節症の症状がでてきてしまう。

しかし、寝ているときの歯ぎしりやかみしめを防ぐにはどうしたらいいのかという方には、次の方法をおすすめします。まず、上向きに寝て内臓にかたよった力をかけないようにします。枕は軟らかめにしてゆったりと頭を沈め、頭の位置はできるだけ低くします。

枕をしなくても結構です。そして、歯と歯の間が1mmくらいに開いた状態に保つと、気道がほぼ一直線に保たれ、安定した呼吸で眠ることができ、歯ぎしりやかみしめを防ぐことができます。

歯と口の悩みを解決する本
坂本歯科医院院長 坂本 貴史

特集へ戻ります

 




20本以上の歯 75〜84歳で26.8%

5年間で3.8ポイント増

国民健康・栄養調査

平成21年国民健康・栄養調査結果の概要が12月7日(火)、厚労省より公表され、自分の歯を20本以上有する75歳〜84歳は26・8%と、前回調査の平成16年より3・8ポイント増加した。

また、70歳以上で「何でも噛んで食べることができる」と回答した割合は59・2%で4・8ポイント増。さらに、75歳以上で20本以上の自分の歯がある場合は、83・8%が「何でも噛んで食べることができる」と回答していた。

進行した歯周炎がある割合は、60歳代が36・8%で最も多かったが、50歳代32・6%、70歳以上25・7%、40歳代22・8%と併せて全ての年代で減少した。

歯周炎 全年齢で減少

平成21年調査は、「健康日本21」における「歯の健康」と「食生活」が重点項回として調査された。「歯の健康」に関する状況としては、75歳〜84歳で自分の歯を20本以上有する割合は26・8%と、平成16年より3・8ポイント伸びた。

70歳以上では29・6%で1ポイント、60歳代では64・1%で2・4ポイント、50歳代では80・9%で2・3ポイント、40歳代では93・8%で1・9ポイントと、いずれの年代でも増加を示した。

進行した歯周炎があるのは、60歳代が最も多く36・8%。以下、50歳代32・6%、70歳以上25・7%、40歳代22・8%であったが、全ての年代において誠少した。60歳代は3・9ポイント、50歳代は11・0ポイント、70歳以上は3・3ポイント、40歳代は6・0ポイント少なくなっていた。

過去1年間に歯石除去、歯面清掃を受けた割合も全年代で伸びており、最も多かった60歳代が45・8%で1・3ポイント、50歳代が42・8%で3・9ポイント、40歳代が37・2%で2・6ポイント、70歳以上が32・8%で1・6ポイントそれぞれ伸びた。

歯科健診を受けたことがある割合も全年代で増加。50歳代が35・9%で4・2ポイント伸びたのを筆頭に、60歳代が41・4%で2・7ポイント、70歳以上が31・0%で1・5ポイント、40歳代が32・2%で0・2ポイントそれぞれ伸びた。

咀嚼の状況では、何でも噛んで食べることができる」と回答した割合は、40歳代が89・5%で4・3ポイント伸びた。以下、50歳代が78・2%で2・5ポイント、60歳代が73・4%で2・Iポイント、70歳以上が59・2%で4・8ポイントそれぞれ伸びた。

また、75歳以上で20本以上の自分の歯を有している場合は、83・8%が何でも噛んで食べることができる」と回答したが、19本以下の場合は46・6%であり、20本以上有する方が満足な食生活を送ることができていることが示唆された。

参考:日歯広報 1520号

特集へ戻ります

 




六十代以上の七人に一人は総入れ歯

三十代→一・六本、四十代→三・三本、五十代→七・二本、六十代→十四・五本。なんの数字かおわかりになるでしょうか。

抜けた歯の数−−それが答えです。原因のほとんどはむし歯か、歯周病ですが、歯の抜ける数が世代ごとに倍増しています、六十代になると半分以上が抜けてしまい、六十代以上の人の総入れ歯の割合は13・6%、じつに七人に一人が総入れ歯です。

これが日本の現状です。この数字を見ていると、あることに気がつきます,それは生活習慣病の罹病率と似ているということです。

ちなみに糖尿病について、高血糖の人の割合を年齢別で見ると、男性の場合、四十代を境に急に増加していきます。

女性の場合は、この増え方がもう少しおだやかです。高血糖のことしかあげませんでしたが、脳梗塞や、がんなどにかかる人の割合も、この年代を境に同じような増え方をしています。

とくにがんの場合は、四十〜五十代をがん年齢と呼んでいます。

厚生労働省の調査でも、高血圧症、糖尿病、脳血管疾患、がんなどの生活習慣病がこの年代から、一気に増え始めることがわかっています。その増え方と、歯の抜けていく数が同じようなカーブを描いているのです。

幸いなことに、糖尿病や高血圧症などの病気の予防法や治療法は日々進歩しています。それに、最近でこそ、SARSやHIVやエボラ出血熱などの新しい感染症が私たちを不安に陥れていますが、ペストやコレラなどはすっかり鎮圧され、いわゆる途上国はともかく、先進国の寿命はじりじりと延びています。

なかでも日本の平均寿命は世界一です。二〇〇一年の日本人の平均寿命は女性が前年より〇・三三歳延びて八十四・九三歳、男性が〇・三五歳延びて七十八・〇七歳になりました。

ところが、さっきも述べたとおり、日本人の六十代以上の七人に一人は総入れ歯という現実です。正直言ってこれは、歯の寿命が人の寿命の延びに追いついていないということです。

歯がないために、食事がおいしくいただけず、せっかくの寿命が、つらいものになってしまうことだってあるでしょう。これは歯科医として残念なことです。

アメリカでは八十歳でも平均十五本程度の歯が残っているという報告があります。平均寿命世界一という名にふさわしく、8020運動が目標としている二十本の歯をしっかりと残していきたいものです。

そのためには、やはり、なんといっても日頃の手入れがいちばん肝心です。最近になって、歯周病も高血圧症や糖尿病などと同じく生活習慣病のひとつに数えられるようになりましたが、私はこの考えに大賛成です。

歯と口の悩みを解消する本
坂本歯科医院院長 坂本 貴史

特集へ戻ります

 




臓器移植法改正

日経メディカル開発 編集部長
広多 勤

昨年7月13目,参議院本会議で臓器移植法改正案が可決,成立した。改正法では,脳死を人の死とし,本人が拒否の意思表示をしていない限り,家族が同意すれば臓器提供ができる。

書面による本人の意志表示が必須の条件ではなくなったので,現行法の解釈では制約があった15歳未満のドナーからの臓器提供も可能になる。

1997年に現行の臓器移植法が成立してから12年経つ。当初の臓器移植推進への期待とは裏腹に、現実には非常に制約が多く,この法律に基づく脳死判定を行った臓器移植例はわずか81例にとどまっている。

今国会で成立した改正案(いわゆるA案)は2006年に議員立法として提出された。

このほかに脳死の判定は現行法のまま臓器移植の場合に限定し臓器提供の年齢制限を15歳以上から12歳以上に引き下げるとした対案(B案)が出され.2007年には脳死判定基準の運用をする改正案(C案)も提出されていた。

だが、実質的な審議が進まぬまま,棚晒しになっていた。

しかし,昨年5月に,国際移植学会が,臓器売買と移植ツーリズムの禁止などをうたったイスタンブール宣言を採択したのを受け,世界保健機関(WHO)は,自国内での臓器移植を促す新しい臓器移植ガイドラインの作成にとりかかった。

そうした国際的な動きに対応するためにも,国内法の改医整備が急務になった。今国会では、本人の意思表示の確認を必須としたD案も提出されたが,6月18日の衆議院本会議では,A案が賛成263人,反対167人で可決された。

また参議院では.小児の脳死臨調を設置する法案(E案),A案を修正して,脳死の扱いは現行法のままとし提供者の「家族らの心情を十分配慮する」ことなどを追加したA案修正案も提出されたが,最終的に,A案が賛成138人,反対82人で可決された。

改正案(A案)の提出議員らは.「『脳死は人の死』ということは.
おおむね国民的合意は得られている」としている。

しかし,人の死をめぐっては多様な死生観に基づくさまざまな考え方があるのも事実だ。実際に国会審議でも死の定義をめぐる議論はまとまらなかった。

日本には,法律上の生死の根本定義を定める「生命倫理法」のような法律がない。これが.脳死移植をめぐる議論が毎度空回りする一因だともいわれる。

改正臓器移植法は1年後の2010年7月に施行される。厚労省では,それまでに15歳以下の小児の脳死判定の手順,臓器提供施設の要件などを急いで詰めるとしている。

また、小児の脳死判定基準についても.改めて研究班を設けて旧研究班がまとめた判定基準案の妥当性を検討する方針だ。

この改正で.臓器提供のハードルがかなり低くなったことは確かだ。しかし,ノンフィクション作家の柳田邦男氏は,改正法は臓器の確保にばかり目が向いていて,ドナー家族への配慮が足りないと指摘している。

柳田氏は,厚労省「脳死下での臓器提供事例に係る検証会議」の委員として50例以上の臓器提供側を詳細に検証してきた。

また,自身が,次男が脳死状態を経て亡くなった際に臓器提供をした経験をもつ。

「ドナー家族を守る十分なケアや支援があってこそよい移植医療が行われるということを考慮しなくてはいけない」という柳田氏の言葉は,重く受け止められるべきであろう。

日本歯科医師会 雑誌 2009年8月号

特集へ戻ります

 




虫歯がないのに歯が痛い

「歯が痛いので歯医者に行ったけど虫歯がないと言われた」と困った顔をして私のところに来る患者さんが時々いる。

そんな時考えるのは「この患者さんは特発性三叉(さんさ)神経痛の可能性があるのでは」ということだ。

三叉神経は脳神経の一つで顔面を走っている額と上顎(じょうがく)、下顎(かがく)の3ヵ所に分布することが三叉神経と呼ばれるゆえんだ。

歯や口腔(こうくう)粘膜の知覚がこの神経に支配されているので、三叉神経痛は歯痛との区別が難しい。これがしばしば問題となる。

三叉神経痛は、痛み以外の症状が乏しい「特発性」と、顔面や歯に痛みの原因がある「症候性」に分けられる。

特発性三叉神経痛は神経の走行路など限られた部分に、電撃のような短時間の激しい痛みが出ることが多いが、軽い痛みが長続きすることもある。

痛みの発作は食事や洗顔、歯磨き、ひげそり、はてには顔に風が当たった時にも起きることがある。

顔面の片側の同じ部位が反復して痛むことも特徴で、痛みがない時には患者さん自身も忘れていることがある。

特発性の痛みの場合、カルバマセピンという薬がよく効く。まずこの薬を処方し、症状が良くなれば特発性であると診断することもある。

一方、症候性の方は痛みが長時間続いたり、痛みの他に腫れるや感覚のまひなど別の症状を伴うことが多い。

これらが鑑別点になるので、患者さんは症状をできるだけ整理して伝えて欲しい。この病気は中高年に多いとされている

原因がはっきりしていない歯痛で、これまで述べたような症状に当てはまる場合は、三叉神経痛による痛みかもしれない。

カルバマセピンによる治療効果が不十分な時は、手術による外科療法や神経ブロック療法を採ることがある。

実際に私が担当した中にも、口の痛みが強く、カルバマセピンを多量服用しないと症状が軽くならないが、薬の副作用でふらふらしてしまう患者さんがいた。

話し合いの結果、手術を選択したところ、服用が不要になった。原因が不明の歯痛や口周囲の痛みが続く時は、歯科口腔外科や耳鼻咽喉(いんこう)科、場合によっては脳神経科の受診をおすすめする。

(国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科医長)

健康生活 NIKKEI PLUS

特集へ戻ります

 




口腔カンジダ症の診断方法

視診:口腔粘膜に典型的なカンジダ性偽膜や菌塊の形成(白色または黄色)が認められたときは□腔カンジダ症と容易に診断できる。

しかし、粘膜の発赤を伴う萎縮(紅斑)性口腔カンジダ症(赤い)では他の口腔粘膜疾患との鑑別が必要となる。また,口角炎・口唇炎や口腔粘膜の難治性潰傷などでカンジダ歯の関与を疑う疾患では,真菌検査によりカンジダ菌の存在を証明する必要がある。

塗抹検査:カンジダ症を疑う口腔粘膜患部を綿棒,歯科用ミラーあるいは舌圧子などで軽く擦過しプレパラートに塗抹する。火炎固定した後グラム染色あるいはPAS染色する。

カンジダ菌は酵母か仮性菌糸として認められ口腔扁平上皮も観察される。仮性菌糸が口腔扁平上皮へ侵入している像が認められたときは疾患とカンジダ菌の関連は明白である。

仮性菌糸だけが認められたときもカンジダ菌が関与しているとされている。ただし,Candida glabrataは酵母形でしか存在しないので酵母形で診断する。

グラム染色は染色液と流し台があれば,簡単に短時間にできる。

培養検査:塗抹検査と同じ要領で患部ぬぐい液を採取しサブロー寒天培地,クロモアガー培地上に塗布する。 36℃で24〜48時間培養し集落が形成されれば真菌(カンジダ菌)が患部に存在していることを示している。

クロモアガー培地上ではカンジダ菌の種類により集落の色が異なり(C.albicansは緑、C.glabrataは紫色など)カンジダ菌種の同定か可能である。

参考:ライフサイエンス出版

特集へ戻ります

 




顎関節症(がくかんせつしょう)

最近、歌手や大食い選手などが顎関節症になり、大きく□を開けられなくなったといったニュース報道が目立ちます。しかし、開口障害という症状が顎関節症に特有かというと、そうではありません。

親知らずの周囲炎などによっても□は開けづらくなります。実は顎関節症には「この所見があれば診断できる」という特異的な症状がありません。開口や咀嚼(そしゃく)といった顎運動に伴って、顎関節や筋肉に痛みが出る。

または大きく開口できない。あるいは顎関節で音がする。といった症状があり、同様な症状を起こす他疾患を除外できたときに顎関節症と診断するのです。

また、顎関節症が頭痛、肩こりから腰痛、その他の全身症状を引き起こすというマスコミ報道をみることがあります。しかし、そのような関連性を示す科学的証拠は何もありません。

肩こりと頭痛に関しては顎関節症の痛みが消失すると、軽減する場合はあります。しかし、その原因が他にある場合は完全に消えることはありません。顎関節症の病態については日本顎関節学会が5種類の症型に分類しています。

顎関節自体には問題なく、咀嚼筋の問題から症状が出る咀嚼筋障害(顎関節症1型)、いわば捻挫に相当する関節包・靭帯障害(顎関節症2型)、関節円板のずれに起因して諸症状が出る関節円板障害(顎関節症3型)、関節骨の変形を伴う変形性顎関節症(顎関節症4型)、さらに、愁訴はあるものの、他の4つの症型に該当しないものを「その他」としています。

顎関節症の発症率や有病率に関する、日本国内でのこれまでの調査はほとんどないため疫学データは不足しています。外国の調査では、一般集団の5〜12%が何らかの症状をもつとされますが、最近実施した都内就労者に対する調査では18%を示しており、就労者における増加が懸念されます。

病因に関して、1934年のコステンによる校合病因説以来、かみ合わせの悪さが最大の原因であると考えられてきました。しかし、かみ合わせの悪さが原因なら、歯科医療事情の悪い国では顎関節症患者があふれていなければなりませんが、そのような事実はありません。

現在、顎関節症の原因はいろいろな要因が集積することで発症するという、多因子病因説が世界的に受け入れられています。その中でも私は、無意識に上下の歯列を接触し続ける習癖要因が最大の病因性をもつと考えています。

歯列接触によって筋疲労、関節負荷が持続し、またこの癖はストレス下で長時間化することで、ストレスの為害効果を介在します。最近の調査では来院する痛みをもった患者さんの70%以上にこの癖がみられました。

治療についてはこの癖の是正を最も重視しています。これに加えて顎関節や筋肉のリハビリトレーニングとしての可勧化訓練を癖の是正に並行して実施して貰います。

この方法を採用するようになり、以前のマウスピース治療、校合調整治療に比べて、格段の改善効果が得られ、また通院期間も短縮しています。

TMDC MATE(東京医師歯科医師協同組合 2009年10月号)

特集へ戻ります

 




特別養護老人ホームにおける継続的な口腔機能管理の効果

要介護高齢者では誤嚥性肺炎の発症者が多いものの、口腔ケアは肺炎の予防に有効であることが示さ,介護予防プログラムなどに採用されるなど,社会的要請も高い。

一方,現在わが国では,多くの介護施設や病院において,専門職種である歯科医療者の配置はされておらず,特に,歯科衛生士の現場への供給は不足している。

要介護高齢者に対する口腔ケアの実施に際し,一定の知識や技術が伴わないときに,十分な成果があげられなかったり,口腔ケアの実施自体が危険を招いたりすることも考えられる。

それゆえ,施設職員のみでは対応が不十分であると考えられ,介護施設においても,歯科医療職の関与が求められる。

さらに,要介護高齢者の義歯の使用率は低値を示し,目腔機能が低下した者も多い。何らかの理由で入院などが必要になった場合など,入院中は義歯の使用が制限されることも多く,その結果,義歯の使用率は低下する。

このような状況にある介護老人福祉施設にかかわる時.診療計画に基づいた継続的な口腔機能管理が求められる。

東京都台東区および台東区浅草歯科医師会において実施した継続的な口腔機能の管理の取り組みとその成果について報告する。

1.継続的な口腔機能管理

1)東京都台東区における取り組み

要介護高齢者は,さまざまな理由によりADL(Activities of Daily Living : 日常生活動作と訳され,食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動を指す)の低下や認知機能の急激な変化を示す。

それらの変化は,口腔衛生状態や口腔機能に著しい影響を与え,摂食機能の低下や誤嚥性肺炎の発症を招く。

認知機能の低下した高齢者は,口腔内の問題を自ら訴えることは少なく,日常的に介護を行っている介護職においてもその変化に気がつくことは困難である。

それゆえ,歯科医療職の介入を本人や家族,介護施設からの要請に基づいて行う場合,適切な時期に効果的な介入が行えない可能性がある。

そこで,東京都台東区歯科医師会および台東区浅草歯科医師会(以下.歯科医師会とする)では,平成18年より,介護老人福祉施設利用者の継続的な口腔機能管理を目的に,同区内に立地する2つの介護老人福祉施設において,口腔ケア・マネジメントの取り組みを行った。

2)口腔機能の評価

利用者の口腔機能,口腔衛生状態の評価は随時,1週間に2回,歯科医師会より派遣された歯科衛生士により,スクリーニングとして行った。

歯科治療の介入の必要性を疑う症例の場合には,随時,訪問診療対応で当施設にて訪問診療を行う歯科医師会会員の歯科医師が,その診断を行った。

また摂食・格下機能の低下が疑われた症例においては,1ヵ月に1回,歯科医師会の要請により大学病院より派遣された専門の歯科医師が摂食機能の評価を行い,それぞれ必要に応じて,歯科治療および摂食機能療法を行った。

3)カンファレンスの開催

これらの活動と施設看護職員,介護職員,栄養士などとのコーディネート役を果たした重要なツールは「摂食支援カンファレンス」であった。

このカンファレンスは月に1回開催され.施設のケアワーカー,相談員,看護師,管理栄養士とともに歯科医師会の歯科医師.大学派遣の歯科医師,歯科衛生上が基本メンバーとなった。

このカンファレンスでは,施設側の各職種,歯科医師会側の各担当者よりそれぞれの立場より,口腔ケアの問題点,口腔内の状態,摂食機能.栄養状態など問題のあるケースの提示が行われ,ケアプランが策定された。

このカンファレンスの内容は,介護保険制度にある栄養ケア・マネジメントの経口維持加算,経口移行加算のケアプランに反映された。

参考:日本歯科医師会雑誌2009VOL.62 NO.5

特集へ戻ります

 




ユニセフ 途上国におけるすさまじい規模の妊産婦死亡

今年発表された国際連合児童基金(ユニセフ)の報告書『The State of the World's Children2009(世界の子どもたちの状態2009年)』は、5歳未満の乳幼児の死亡数を減らす点で、この間に一定の進展があったと評価している。

しかし、途上国で新生児が生後1ヵ月以内に死亡する確率は先進国の約14倍。アフリカ東部のりベリアは新生児死亡率が世界一高く、調査期間中には1,000人中66人の割合で死者が出たという。

ユニセフのアン・ヴェネマン事務局長は報告書発表に際し「子どもの死亡率引き下げで一定の進捗があったとはいえ、母親および新生児の健康問題ではいっそう努力を強めなければいけない」と述べた。

妊産婦死亡の件数は過去20年間におおむね変化がなく、子どものさらなる死亡率低減を困難にしている。母親が出産中もしくはその直後に死亡する場合、新生児が生存するチャンスは少なくなる。

報告書によると、2005年に死亡した妊産婦50万人のうち約99%は先進工業諸国以外の国民で、その半分以上はアフリカに集中している。

ユニセフの保健医療問題責任者のピーター,サラフ博士は、「途方もない数の死者が出ており、すさまじい規模で悲劇が起きている」と強調した。

妊産婦死亡が起きる割合は、富裕国では8,000人に1人なのに対し、最前国では24人に4人。貧しい国々の女性は先進国の女性に比べ、およそ300倍も妊娠合併症などで死亡しやすいということになる。

妊産婦死亡率が世界第1位のニジェールでは、妊娠中もしくは出産時に女性の7人に1人が死亡する。

逆に、アイルランド(4万7,600人中1人の割合で死亡)は、子どもを産むには最も安全な場所とみることも可能だ。

先進諸国と開発途上地域(とりわけ後発開発途上諸国)との格差に関し、おそらく妊産婦死亡の問題ほど顕著なものは他にない、というのが今年の報告書の見解だ。

国運はミレニアム開発目標の達成を目指すプログラムの一環として、2015年までに妊産婦死亡率の75%削減を呼びかけているが、今回のユニセフ報告書は、とりわけ開発途上諸国での進捗状況が立ち遅れていると指摘している。

The State of the World's Children 2009
http://www.unicef.org/sowc09/index.php

参考:月刊全国保険医団体連合会 2009年4月号 No.997

特集へ戻ります

 




機能性ガムと歯ブラシのコラボレーションでお口の健康をよりアップさせよう!

■歯みがきの前にガム?

お口の健康を守るためには、毎日のていねいな歯みがきが必要です。しかし忙しくて時間がないときや、□内炎などによりお□の中が痛い時は十分に歯みがきすることはできません。

このようなこまった時に役に立つのは、キシリトールなどむし歯にならない甘味料や歯の石灰化を促進する成分が入った機能性ガムで、いろいろな製品が市販されています。

■唾液をよく出そう!

ガムをかむことにより唾液がよく出るようになり、歯垢がとれるだけでなく、唾液本来の働きによりお□の健康が維持されます。さらにガムに入っている成分による効用も期待できます。

■機能性ガムを積極的に使おう!

歯みがきの前にガムをかむと歯垢が取り除きやすくなるとの報告もあり、これからは歯みがきと機能性ガムとのコラボでお□の健康力をよりアップさせましょう。


【機能性ガム】

キシリトール
むし歯の原因にならない甘味料(キシリトール及び還元パラチノース)を使用しています。また歯の再石灰化を増強するキシリトール、フクロノリ抽出物(フノラン)、リン酸一水素カルシウムを配合しているので、歯を丈夫で健康に保ちます。

ポスカム
本品は、リン酸オリゴ糖カルシウム(POs-Ca)を配合しているので、□内を再石灰化しやすい環境に整え、歯を丈夫で健康にします。

リカルデント
歯の脱灰を抑制するだけでなく再石灰化を増強するCPP-ACPを配合しているので歯を丈夫で健康にします。


【機能性ガム】

・口の中を湿潤させる
・口の中を自浄させる
・細菌の感染を防ぐ
・有害物質を無害化する
・消化を助ける
・味覚を助ける

参考 歯科衛生士 岡本 香

特集へ戻ります

 


医療に関するミニ知識 NO-5 NO-4 NO-3 NO-2 NO-1
全身の病気とお口の中の病気の深いかかわり


 

心ある歯科医は吠える(院長ページ) 院内活動 院外活動


 

ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

 

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 掲示板 特集