わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内はこちらです! スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

心療歯科のホームページへ メールマガジン購読申し込み 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

歯周病で血糖値が上がる理由


●細菌感染症によってインスリン抵抗性が生じる

歯周病は慢性感染症です。治療を継続しないと、歯周組織に住んでいる細菌の活動を封じ込めることができません。時には歯肉の毛細血管から血液中に細菌が入り込み、菌血症を起こすこともあります。

歯周病で血糖値が上がる理由

このような時、ヒトの体は様々なサイトカインを分泌して、細菌やウイルスに対抗しようとします。それらのサイトカインは、インスリン(血糖値を下げる唯一のホルモン)の働きを阻害して「インスリン抵抗性」という状態を生じさせます。
当然、血糖値はいつもより上昇してきます。健康な人ならすぐに膵臓からインスリンが分泌されて血糖値が高くなり過ぎることはありませんが、糖尿病の人では血糖コントロールが乱れる大きな原因となります。慢性感染症である歯周病を放置すると、体は常にインスリン抵抗性の状態になっていると考えられます。

歯周病で血糖値が上がる理由

歯周病で血糖値が上がる理由

●歯周病は生活習慣病、糖尿病も生活習慣病

歯周病と糖尿病は生活習慣病です。歯周病を起こしやすくする生活習慣とは、歯磨きがきちんとできていないことや喫煙、あるいは糖分の多いものを好んで食べたり間食をとり過ぎるなどの食習慣、口呼吸(鼻で息をせず、口で呼吸すること)、歯ぎしり、精神的ストレスなどがあげられます。このうち、食習慣や精神的ストレスは糖尿病を起こしやすくする生活習慣でもあり、喫煙は糖尿病の合併症を起こしやすくする生活習慣です

歯周病で血糖値が上がる理由

●歯周病で歯を失うと…

歯周病が進行して、歯がぐらついたり歯を失うと、固いものが食べられず、普段の食事がやわらかい食べ物中心になったり、よく噛まずに飲み込んでしまうようになりますやわらかい食べ物はプラークを蓄積しやすく、歯周病により悪影響を及ぼします。さらに、このような食事のとり方は、食後に血糖値が急激に上昇する「食後高血糖」を起こしやすくすると考えられます。

歯周病で血糖値が上がる理由 歯周病で血糖値が上がる理由

お口の健康を守るためにはセルフケアとプロケアの両方が必要です

歯周病で血糖値が上がる理由 歯周病で血糖値が上がる理由 歯周病で血糖値が上がる理由

●セルフケア

・食後の歯磨き
・歯間ブラシやフロスも使っての清掃
・自己観察
・食生活の管理
・禁煙

●プロケア

・歯科医院での定期的な健診
・歯のクリーニング
・セルフケアの指導・相談

前の項目へ

「歯周病と糖尿病のお話」のトップページへ戻る


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

医院の入り口にあるロゴです!

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 掲示板
 特集