わたしどもは歯の治療だけをするのではなく、患者様のからだ全体をトータル的に見て治療を行っています!!

ホームへ

医院案内 診療案内はこちらです! スタッフ Q&A

矯正歯科

      Dental Office

心療歯科のホームページへ メールマガジン購読申し込み 衛生士レポートへ 掲示板へ 特集へ

歯周病はとっても恐ろしい病気です!


歯周病は万病のもと・歯周病の恐ろしさ

株式会社サンスターが歯周病の関連をまとめておりますのでその一部をご紹介致します。

歯周病は人体の多くの病気を悪化させることが科学的に証明されています。これからは超高齢化に向かいます。健康で一生過ごすために歯周病にならないようにいかに口腔ケアーが大切かをご紹介致します。

歯周病と糖尿病のお話

歯周病とは?

歯周病の原因

歯周病の予防と対策

歯周病と全身の関わり

歯周病と糖尿病

歯周病とがん治療

内科医からの目から見た口腔感染制御の重要性

〜糖尿病から震災後肺炎まで〜

歯周病と糖尿病の関連性が着目されるようになった背景には、”炎症”というキーワーが存在します。歯周病は、口腔感染による慢性微少炎症がその本態ですし、糖尿病もまた脂肪細胞が脂質を貯め込み、局所的な慢性炎症を引き起こすことが、原因のひとつであると考えられています。歯周病と糖尿病で起きている慢性炎症は、炎症性ホルモンの分泌を通じて、インスリンが効きにくい状態をもたらし、結果として血糖値を上昇させます。

この「炎症を通じて歯周病と糖尿病がつながっている」という事実は、一般市民はもちろん、医科の間でもそれほど認知されていないように感じます。しかし、「口腔は全身の窓である」ことを意識して診察するようになると、実に多くのことが見えて参りました。今日の講演では、私自身が経験した症例を通して、口腔の衛生状態が命に関わるほどの事態を招いたり、歯科衛生士さんによる日々の歯周治療が、インスリンにも勝る劇的な効果をもたらし得ることをご紹介致します。

歯科医院における慢性歯周炎の治療は、将来やって来るであろう糖尿病発症の運命から、目の前の患者さんを救うことにつながりますし、阪神淡路大震災や東日本大震災で注目されることになった震災後肺炎もまた、口腔感染症の制御により、発症を防ぐことができる好例と言えます。口腔感染症が全身に与える影響、そして専門的口腔ケアの意義を医科や国民が理解した時、人々に”健ロと健幸”が訪れることでしょう。

西田 亙(にしだ わたる)(内科医)のお話
糖尿病内科院長(医学博士)(愛媛大学医学部大学院卒)

◆ 平塚共済病院と連携を本格的に開始しました


ご案内地図&診療予定カレンダーご案内地図診療予定カレンダー
メール待ってまーす!
ご連絡は:フォームメールE−Mail!メール待ってまーす!
 電話(0463)-21-0792  FAX(0463)-23-7300

医院の入り口にあるロゴです!

 ホーム 医院案内 診療案内 スタッフ Q&A 矯正歯科 
 
心療歯科 メルマガ 衛生士レポート 掲示板
 特集