ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

お歯黒から白い歯へ・何がオシャレのポイントを変えた!

毎日欠かすことができない生活習慣になっている歯みがき。歯みがきが日本に伝わったのは6世紀の中頃。仏教の伝来とともに、インドから中国を経由し、新しい文化や商品といっしょにお坊さんによって持ち込まれたようです。インドではニーム(歯木)という木の枝が歯みがきに使われましたが、中国にはこの木がなかったので柳(楊)の枝を代用。これが日本に伝わって”楊子”になりました。

江戸時代になると世の中も落ちついてきて、それまでお坊さんの習慣だった歯みがきが民衆へも広まり、新しい商品も登場。柳の枝を削って頭部を砕いて毛状の房にした「房楊子」が、いわゆる歯ブラシの元祖。口臭や汚れなど歯への関心が高まり、いろいろな種類の楊子や歯磨が売られるようにもなりました。

文化8年版の買い物カタログ「買物便覧東都土産」には「大明香薬砂」という歯磨商品に「歯を白くする、口中悪しき香を去る」という効能が記されています。日本には昔から「お歯黒」という習慣があって、これが既婚者のしるしでもあったのですが、この頃から白い歯を美しいと考えるようになったようだ。

インドから伝わった歯みがきが日本人の美意識を変えちゃったんですね。町には美人の看板娘を置く楊子店も現われておおいに賑わったようです。

(参考資料 発掘あるある大辞典)

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院