ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

日本の入れ歯はすぐれもの

日本最古の入れ歯は、尼僧沸姫(1538年没)の木床一木造りです。日本の当時の入れ歯で特筆すべきことは、西洋の見かけを回復する目的の入れ歯と異なり、顎によく吸いついて噛めることです。この木床義歯制作のルーツは、仏師の手慰みから始まったといわれています。安土桃山時代頃より、あるいはその後、仏像彫刻の注文が少なくなり、仏師は逆に義歯をつくることで生活の糧にしたのではないかとされています。さらに義歯を作ることを専門とする集団ができ、彼らを口中入歯師と称するようになりました。また、彼らのなかには、義歯を作るかたわら抜歯や口中の治療も行う者が出てきました。

これらのものを歯医者と称しました。口中入歯師は医学的専門教育を受けておらず、義歯製作専門技術を中心とし、その養成は組織的な統率下で老朽なものについて、その技術を習得し、師弟というより親分子分の関係にありました。したがって彼らの技術は全く修行のみによる熟練の結果と多年にわたる経験によって得たものになります。

そして、それらの組織は香具師に属していました。彼らが台頭し始めたのは室町末期から江戸初期で、江戸中期頃には広く全国に散って営業し、民衆に親しまれた口中治療者になりました。

(参考文献 長谷川正康著 歯科の歴史おもしろ読本)

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院