ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

知識人の自家製歯磨粉

江戸時代の有名人や文筆家たちは、自分の好むものを工夫して自家製の歯磨粉をつくって愛用していた例がある。文筆家の松亭金水(しょうていきんすい)は、市販の歯磨粉の使用をやめ塩にかえたことを次のように書いている。

「私は、昔から朝夕歯磨きを用い、歯の白く滑らかになるのが気持ちがよいと思っていた。それが34、5歳ですでに二本の歯がなくなった。その後、残りの歯が悉(ことごと)くゆるくなるのを覚えてきたので、或る人にこれを見せたところ、これは歯磨きを用いた弊害であるといわれ、それ以来、塩をもって磨くようにした。」

また、「南総里見八犬伝」で有名な瀧澤馬琴(たきざわばきん)は、「燕石襍志(えんせきしゅうし)」の中に養歯(ようし)の法として自家製歯磨粉の製法とその効能を述べている。「黒い蛤(はまぐり)の内を去り、殻の一方の貝に塩をつめ、他の殻には飯をつめ、合わせて火の中に入れ、焼きつくした後、搗砕(つきくだ)き、毎朝これをもって歯を磨けば、よく口熱を去って、老後に歯を脱することはまれである」

右の場合は、貝殻のカルシウムと焼塩を活用している例である。また彼は、蛤がなければ、「青竹を五、六寸に截(き)りとり、筒の中へ塩をつめ、筒とともに焼いて搗砕(つきくだ)いてもよい。さらに、松の葉に塩を混ぜて燻(いぶ)すのを松葉塩といい、また、赤色の螺(たにし)の殻(から)に塩を入れ、ハコベ汁を注ぎ、これを炭火で焼き、冷えたものを薬研(やげん)(薬など細かく砕く道具)で細かくし絹ふるいでこしたものがよい。しかし、蛤で造ったものが一番よい」ともいっている。

歯磨粉は商品としても、自家製としても、このように工夫をこらして使用された。塩も焼塩として工夫の上、商品として売られていた。

参考資料:歯の風俗誌(時空出版)

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院