ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

年寄りに聞く歯痛の俗信。

─明治、大正、昭和初期─

お爺さんやお婆さんが子供の頃、虫歯の痛みがうすれるように、おこなっていた方法を 紹介しよう。

1)梅干しを患部に貼る
2)歯痛に効くお地蔵さんの石を借りて、痛むところをなでる
3)歯の神(白山様、戸隠神社、顎なし地蔵など)にお参りし、治  ると萩の小枝で作った箸 をお礼に奉納する
4)竹筒を痛む歯にあてて、その先に火の炎をかざす
5)大根おろしの汁を痛い歯と頬の間にいれる
6)よもぎの葉か葱の白根を痛む歯でかみしめる
7)蜂の巣をすりつぶして粉にし、布に包んで侠にしたものを胡麻  油にひたしておいたもの を痛む歯でかみしめる
8)蛇の抜け殻を3ミリくらいにちぎり、紙に包んで痛む歯 に押  しあてる
9)ご飯に塩を少裏加えて紙に伸ばし、痛む側の頬に貼る10)茄子  のへたの黒焼きをご飯で練って歯の痛むところに押し込む

http://www.dent-kng.or.jp/chishiki/museum/hakubutukan/edohaita/minkan1.htm

歯の博物館

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院