ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

宇宙で歯磨きをすると・・・?

宇宙における最大の楽しみの一つは、何と言っても食事の時間。一緒に食事をしながら歓談の場となる。食事が終わったら,宇宙船内でも歯を磨く。各宇宙飛行士の日用品セットの中に、歯磨き粉を付けた歯ブラシが用意されており、毎回取りかえる。

ところで宇宙では歯が磨きにくいらしい・・。どうしてだろう?宇宙空間では地上で考えられないほど難しいことがある。地球では引力が働いている。しかし宇宙船の中では遠心力も働くため引力が打ち消され,無重量状態になる。歯ブラシを動かせると、体も回ってしまうのだ。

これは作用・反作用の法則による。ちょうどボートに乗って、他のボートを押すと自分も動くのと同じ。宇宙飛行士自身が動かないように,体を固定しなければならない。

【1999年 スペースシャトル ディスカバリーの打ち上げ 】
<地球では引力があるが、宇宙の中では遠心力も働くため引力が打ち消され、無重力状態になる。地上では簡単なことでも、宇宙空間では考えられないほど難しいこともある。 >
宇宙でも、歯ブラシを細かく動かせて磨くバス法が良いようだ。それでは、電動歯ブラシはどうだろう?元宇宙飛行士に電動歯ブラシを送り、感想を聞いた。「これなら長時間磨ける」との答え。

しかし電気のコンセントの利用に制限があるらしい。電動歯ブラシの利用には、まだしばらく時間がかかりそうだ。

【睡眠中の宇宙飛行士】
<無重力では、壁に固定された寝袋がない状態では体が空中をさ漂い壁にぶつかって眠れない。 >

他にも問題点がある。歯磨きの後、上を向いてのガラガラうがいができない。何故なのか?まず無重量状態では,表面張力により水滴が丸くなったまま浮遊する。水は密閉された容器にいれておかないと,こぼれてあたり一面に漂い続ける。

最終的には、空気の流れのために天井に付着してしまう。もし無重力状態で"ガラッ!"とウガイをすれば、その瞬間水が飛び散ってしまう。少量の水でも、器械に入れば誤動作の原因となる。無事地球に帰還できないかもしれない。

また浮遊している水玉が、鼻から肺に入れば溺れてしまう可能性もある。水は、危険なものなのだ。だから宇宙飛行士は、口を閉じて水分を漏らさないようにしなければならない。

このような理由から、ブクブクうがいしかできないのだ。うがいの水は、そのままゴックンと飲み込む。水を吐き出せないから,磨いた後そのまま飲み込んでもよい歯磨き剤が利用されている。

しかし中には、飲み込むことを嫌う者もいる。その様な宇宙飛行士は、ティシュペーパーに吸わせてから捨てている。

【宇宙で歯磨き】
<無重力の世界では、体液が上昇し、顔がむくみ、歯も浮く。また、歯ブラシを大きく動かすと、体が回転する。 >

ところで無重量の状態になると、数日は宇宙飛行士の顔が丸くなり、むくんでいることがわかる。これは体の水分である体液のバランスが崩れるからだ。地上では、体液は重力の影響を受けて下半身に集まっている。

たとえば心臓は重力に逆らって血液を上半身に送り出す。しかし無重量の世界では、その必要がない。頭から足の先まで、同じ量の血液が分布する。頭や胸部では、平均二リットルも体液が増加する。

そのため鼻が詰まるなどの不快症状に見舞われる。脳の血管が腫れているのがわかると言う宇宙飛行士もいる。それでは、歯はどの様な影響を受けるのだろう?歯が浮いた感じがするそうだ。気持ちが悪いので歯磨き後、指先でマッサージをする宇宙飛行士までいる。

【宇宙でのうがい】
<宇宙ではガラガラうがいをすると、瞬時に水が飛び散ってしまう。そのため、ブクブクうがいしかできない。また、歯磨き剤も飲み込んでもよいものが使用されている。 >

宇宙では、歯を磨くことでも地上で考えられないことが起こるのだ。

<写真提供 若居 亘先生 NASA>

ドクター岡崎のおもしろ歯学
http://www.teeth.co.jp/shigaku/article/08072052000015.html

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院