ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

日本の宝・歯科医師の宝

f地(しょうち)三郎先生のお名前をご存知だろうか?福岡教育大学の名誉教授であり,我が国で最初の障害者施設“しいのみ学園”の創設 者でもある。これだけでも立派な先生であることがわかる。しかし,さらに凄いことがたくさんあるのだ。

実は先生。御歳,なんと百三歳。毎週のように講演で日本各地を廻られているだけではなく,毎年世界一周講演旅行までされている。NHKの“百歳バンザイ“や敬老の日ごとにテレビに出演されているので,ご覧にな られた方も多いと思う。

先日,福岡のご自宅に訪問させていただいた。しかし,どう見ても百三歳には見えない。背筋はピンと伸び,歩くのも早い。八十代の元気な方・・というイメージがぴったりである。先日,敬老の日の取材にきた某テレビ局のカメラマン。あまりにお元気なので上司から「年齢が違うのでは?」と言われたそうだ。確認のためパスポートを見せて,信じていただけたとのこと。

さて先生の若さの秘密。まず,第一に「一口,三十回噛む」こととおっしゃる。生後病弱であったため,母親から教えられたそうだ。先生のお母様は,フレッチャーイズムをご存じだったのである。それ以来,百年間にわたって,これを実践されている。しかも三十回は,最低限の回数である。

歯科医師としては,先生のお口の状態が気になるところだ。実は先生,七十五歳で総義歯のお世話となった。その義歯で一口三十回を実践しておられる。しかもレストランに行けば,ステーキを頼まれる。餅や煎餅,たくあんやピーナッツ,何でも食べられるのだ。

噛める総義歯のおかげで,今の先生があることがわかる。噛むことで唾液の分泌も促され,義歯の安定性にも影響するのだろう。まさに先生の健康の源は“噛める義歯”である。これこそ“歯科医学の勝利”ではないか。先生こそ,“歯科医師の宝物”と言える。いやいや,それだけではもったいない,まさに“日本国民の宝物”なのである。

おもしろ歯学
http://okazaki8020.sakura.ne.jp/omosiro/syouti/syouti.htm

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院