ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

"噛む健康法"フレッチャーイズム

「一口30回噛む」という言葉がある。さてこの言葉。誰が言い出したのだろうか?常々、そんな疑問を持っていた。最近、やっと突き止めることが出来た。

それはイギリスで4期に渡り首相を務めたウイリアム・グラッドストン氏(1809-1898)である。ある日、一人の新聞記者が首相官邸で質問をした。「85歳にもかかわらず、どうしてお元気なのですか?」その答え。

「天は、私たちに32本の歯を与えたから、いつも32回噛むようにしている。これを子ども達にも言い聞かせ、守らせるようにしている。」ルーツは一口30回ではなく、32回から始まったのだ。

さてこの話を聞いたのがアメリカの大富豪ホーレス・フレッチャー氏。そう!かの有名な噛む健康法"フレッチャーイズム"の実践者である。

フレッチャーは、40歳で171cm 体重は100kg近くあった。体調がすぐれないので、生命保険の契約を断られた。そこでイギリスに渡り、名医を受診したり有名な栄養学者にも学んだが、納得する結果を得ることはできなかった。その時、グラッドストンの話を偶然耳にした。

そこで、"本当に空腹感の湧いた時だけ食べる事""新鮮なものをシンプルに調理して食べる事""ゆっくり味わいながらよく噛んで食べる事"などを実践したのである。

おかげで彼は体調が良くなることを、身をもって感じた。これをきっかけとして世界中で"噛む健康法"を説いて廻った。彼の粘り強い実践は、イギリスやアメリカの名門大学の生理学者、栄養学者、さらには運動学者の心を動かし、世界的な評価を得るに至った。

この本が日本語訳されたのが1940年。現在、"フレッチャーさんの『噛む健康法』"というタイトルで出版されている。生活習慣病の予防のために"フレッチャーイズム"に学ぶことはたくさんありそうだ。

おもしろ歯学
http://www.teeth.co.jp/shigaku/article/12030726000101.html

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院