ホーム プロフィール 趣味 おもしろ大辞典 ボランティア 心ある歯科医は吠える 坂本歯科医院のホームページ

一物(いちぶつ)全体食

モンゴルといえば,果てしなく広がる大草原が頭をよぎる。面積は日本の約4倍、80%が大草原の国である。現在の人口は260万人。そのうち約30%が遊牧民で,移動式のテントに住んでいる。遊牧民は,豊富な草を利用し五畜(ごちく)といわれる“ウマ”,“ウシ”,“ヒツジ”,“ヤギ”,“ラクダ”を飼って生活する。夏は,白いたべものである乳製品,冬は赤い食べ物である家畜の肉を食べる。

豊富な草を利用し五畜を飼って生活している。

モンゴルでは,ヒツジの方が高級である。

さて,わが国ではヒツジよりウシの肉が好まれる。しかしモンゴルでは,ヒツジの方が高級食材だ。そう言えば,「栄養」の「養」の字は「羊を食べる」と書く。また,“美しい”の字は“羊が大きい”と書く。さらには,「正義」の「義」は,“羊に我”と書く。“羊”の文字が良い意味で使われていたことがわかる。

ところでモンゴルは,雨が少なく耕作に適した土地が1%しかない。そのためか,遊牧民は野菜を口にしない。「草は,家畜が食べるもの」と言う。栄養学的に問題ありそうだが,彼らは健康そのものである。

彼らは,頭から尻尾まで食べる ビタミンは,血液に含まれる。命を丸ごと食べるから,栄養充分だ 遊牧民の知恵には,驚かされる。 実は,この秘密。食べ物にあるのだ。1本のナイフで羊を殺し,皮を剥ぎ塩ゆでにしたものが最高のご馳走である。彼らは,羊の頭の先から尻尾の先まで残さず食べる。内臓を取り出し,腸管の中に血液を入れソーセージにする。ビタミンやミネラルは,動物の血液に含まれている。一つの命を丸ごと食べるから,必要な栄養はすべて満たされるのだ。

なるほど・・・・・。遊牧民の暮らしの知恵には,驚かされる。肉の一部分だけを食べ,残りは捨てるどこかの国とは,大違いだ。このように,動物を丸ごと食べる食べ方を「一物全体食」と呼ぶ。これが遊牧民の健康の源なのである。

でも,ちょっと待てよ!日本でも「一物全体」を食べているではないか・・・・。そう! 賢明な読者には,もうおわかりだろう。例えば,“イリコ”や“ちりめん”。“ししゃも”も丸ごと食べる。“干しエビ”だってそうではないか。小魚は,「カルシウムが多く含まれるから・・・」「歯に良いから・・・食べなさい」と言って子どもに勧める物ではない・・。「一物全体食」だから,勧めるべき食べ物だったのだ。

日本でも「一物全体」を食べている“イリコ”や“ちりめん”がそうだ

おもしろ歯学
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/ichi/ichi.htm

 

おもしろ大辞典へ戻る


E-Mail: takafumi@sakamoto.or.jp

ホーム | プロフィール | 趣味 | 面白大辞典 | ボランティア | 歯科医は吠える | 坂本歯科医院