平塚駅の歯医者 歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科

医療法人社団 坂本歯科医院

0463-21-0792
休診日:日曜日、祝日、木曜日

予 防 歯 科

みんなで健康!
定期健診は、大切なものを守るためにとても重要です。

坂本歯科医院では常時3名の歯科衛生士が常勤しております。
また、ご希望により唾液検査を実施することができます。
写真 歯周病の予防と対策
歯周病の対策には、ブラッシングによるお口の中の清掃(プラークコントロール)により歯周病の原因であるプラークや歯周病菌を取り除くことが必要です。また、ブラッシングだけではみがきにくい奥歯や歯間部のプラークには、デンタルフロスや歯間ブラシ、液体ハミガキや洗口液の使用が有効です。

写真 プラーク(歯垢)除去
右図に見られる歯肉縁上プラークや歯肉縁下プラークを除去して虫歯や歯周病を予防することはとても大切なことです。

生活習慣も重要な危険因子なので、タバコを吸う、疲労やストレスをためる、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまうということが続かないように気をつけましょう。さらに、歯周病は全身状態とも深い関係がありますので、歯周病と全身状態の両方をうまくコントロールしていくことも大切です。

歯科医院で定期的に健診を受けることで、必要に応じて専門的プラーク除去を受けることができ、お口を常にプラークの少ない状態に保つことができます。

・唾液検査(有料:\1,000)
唾液検査でわかること

歯の健康に関する項目
 1.虫歯菌 ⇒多いと歯の表面に汚れが付きやすい
 2.酸性度 ⇒高いと歯質が溶けやすい
 3.緩衝能(むし歯菌や食べ物の酸を中和しようとする力) ⇒弱いと歯が溶けやすい
写真

口腔清潔度項目
 4.アンモニア ⇒細菌が多いとアンモニアが多くなり口臭の原因になる

歯ぐきの健康に関わる項目
 5.白血球 ⇒汚れが多く残っていると唾液中の白血球が増加する
 6.たんぱく質 ⇒細菌数が多いとたんぱく質が増加する


・フッ素塗布
フッ素塗布は、大人も子供も、年齢を問わずに受けられる予防歯科メニューです。 歯質を強化するとともに、歯の再石灰化を促し、虫歯予防に効果的です。定期的に受けることをおすすめします。

【乳幼児・こどもの場合】
乳歯は永久歯よりエナメル質が薄く、また溝が深いために、簡単に虫歯になってしまいます。
フッ素塗布により、弱い歯を効率的に虫歯から守ることができます。

【大人の場合】
永久歯も、生え始めてから2~3年のあいだ、虫歯になりやすい状態です。この期間は、特に定期的なフッ素塗布が有効だと言えます。
また、加齢や歯周病によって、歯茎は徐々に下がってきます。
本来露出するはずのないセメント質や象牙質が露出してしまうと、その部分の虫歯のリスクが非常に高くなります。
定期的なフッ素塗布により虫歯を予防することで、歯を長く残せる可能性が高まります。

スタッフ一同来院を心からお待ち致しております。